脱毛するときに気を付けること

バナー

脱毛するときに気を付けること

脱毛するときには、サロンに行くなどして施術を受けなければいけません。

自宅で行う自己処理は、手軽ですが毛乳頭という毛の生える元になる細胞にアプローチすることが出来ないので、すぐに毛が再生されてしまいます。

剃っても抜いても、毛というのは生え続けてしまいます。



脱毛の施術では、毛乳頭にダメージを与える施術をすることで、毛が生えてこないようにします。



これにより、ムダ毛の生えてこない状態にすることができます。


施術では、黒い色に反応する特殊な光を使用します。



この光をお肌の上から照射するだけで、皮膚へのダメージを最小限にしてムダ毛をなくすことができます。

そのため、脱毛するときには日焼けに注意しなければいけません。お肌が黒くなってしまうと、毛との区別がつかなくなってしまい、ヤケドの恐れがあるので、施術ができなくなってしまうからです。

紫外線対策はしっかりとして、特に施術部位が日に焼けないように、日焼け止めや日傘を使用しなければいけません。

また、お肌へのダメージが少ない施術方法ですが、まったくないというわけではありません。

乾燥していると肌トラブルにつながってしまうので、乾燥しているようであれば、ボディクリームなどで保湿をしましょう。

こうすることで、お肌への刺激をやわらげて、脱毛することができます。

施術後には、血行が良くなる運動や飲酒は避けて、肌トラブルが起こらないようにしましょう。

安全に脱毛するためにも守る必要があります。