新しい脱毛方法はこれまでと違った考え方を導入

バナー

新しい脱毛方法はこれまでと違った考え方を導入

脱毛で用いられている医療レーザーは、メラニン色素に反応するもので日焼けしている人には照射することができなかったものが、ある程度の肌の濃さなら大丈夫なものが開発されて浸透してきましたが、これまでと全く違った考え方の脱毛装置が開発され、日焼けの肌にも使えるようになっています。

これまでは、毛根を熱で破壊することになるため、痛みも発生していて医療レーザーによる脱毛は痛いとされてしまっていましたが、新しいタイプの装置は毛根に直接熱を伝えるのではなく、毛根よりも肌の浅いところにある、発毛にかかわっている幹細胞のあるバルジ領域に対してアプローチしていきます。



じわじわと加熱することで蓄熱されていき、その熱で発毛因子を破壊するため、新たな毛が生えてくる可能性を極端に少なくできます。



男性の顔のひげなどは、これまでのレーザーだと痛みが強すぎて耐えきれなかった人もいるでしょう。



でも、じわじわ加熱の蓄熱式なら強い痛みとして感じることはあまりないため、安心して処理してもらうことができます。

火傷などが起きないよう冷却装置もついていますし、バルジ領域にアプローチする方法なら、肌の奥深くまで届く必要がなく、毛周期がどの時期であっても関係なく処理できるので、通常よりも短期間のうちに処理を終わらせることができます。

日焼け肌にも問題なく使える脱毛装置を導入しているか、クリニックで確認を取ってから予約を行うことが大切です。

照射してすぐに毛が抜けるものではないので、結果がわかるまで多少日数がかかります。